choei room popolato ポポラート 人が笑顔で集まる場所

0120-863-901

ポポちゃん

  1. TOP
  2. TOP
  3. 賃貸コラム
  4. 【マンションの管理会社】も意識してください

【マンションの管理会社】も意識してください

こだわりポイント2016.11.18

お部屋探しをするときには、人それぞれ色々なこだわりの条件があると思います。家賃、場所、築年数や、お風呂とトイレはセパレート、インターネット無料、キッチンはガスコンロ・・・などなど、『どんな部屋に住もうかな』と考えるのは楽しいですよね。
そんなお部屋探しの条件を考えるときにぜひ、「管理会社がどこか?」 も、気にしてください。

マンションは誰が管理しているのか?

【賃貸マンション】は、「作って人に貸せばOK」ではありません。マンションの階段や廊下の電球が切れたとき、水漏れ事故が起きたとき、家賃の滞納があったとき、対応する人がいます。
【マンション管理】という仕事があります。賃貸マンションの管理を誰がおこなっているかというと、■大家さん自らが管理をしている場合
■管理会社が大家さんから管理を委託されている場合
の2パターンがあります。

管理会社とは?

イメージ

大家さんが管理している物件は、昔の漫画でありましたように、大家さんもその物件の近くに住んでいて入居者さんと大家さんが顔見知りで、アットホームな管理が多いです。
気軽に声をかけあえて入居者さんに寄り添った管理ができる反面、プライベートに踏み込み過ぎてしまうことがあったり、夜中のトラブルや、大家さんが旅行などで不在にする間に何かあったら対応できない、などの不安があります。
かたや、管理会社がマンションの管理している場合は、夜間の緊急時にも対応している会社も多く、必要なときに必要な対応を依頼できます。踏み込んだ交流も発生しにくいです。
(ポポラートを運営している長栄も、管理会社のひとつです)

管理会社にも色々あります

ただし、「管理会社」とひとくちに言っても、管理の内容は会社によって異なります。
たとえば夜中に帰ってきて、鍵をなくしたことに気付いたとき、駆けつけて開けてくれる管理会社もあれば、朝まで連絡がつかない管理会社もあります。夜間の対応を警備会社に委託している管理会社の場合、警備会社では部屋の鍵までは保管していないため対応出来ないこともあります。
また、台風や大雪などの自然災害が発生した時には、1つのマンションだけでなく同じエリアのマンションで同時にトラブルが起こる場合が多いのですが、そんなとき、少人数でマンション管理を行なっている管理会社では、対応が遅れることがあります。
大手の警備会社に依頼している場合であっても、警備会社はマンションのプロではありませんから、構造を理解していないため結局は翌日対応になることもよくあります。

経験値の低い管理会社であれば、トラブルへの対処が遅れて被害が拡大してしまうこともありますし、プロフェッショナルなスタッフがいたとしても、人数が少なければ同時発生したトラブルへの対応はどうしても遅れが出ます
管理会社の事務所がマンションから遠い場合は、当然、駆けつけるまでに時間がかかりますし、普段からこまめにマンションの様子を確認しに巡回することも難しいので、電球が切れても共用部が汚れていても、『管理会社がなかなか気付いてくれない』というストレスを入居者様に与えてしまいかねません。

どんな管理会社が良いのか?

お部屋探しの時には意識することが少ないと思いますが、入居者さんがマンションに住んでいる間に一番多く関わることになるのは、マンションの管理会社です。ですから、どんな会社が管理しているマンションなのかについても、意識して確認することをおすすめします。

■何人くらい管理スタッフがいるのか?
■管理がメインの会社か、仲介営業(お部屋探し)がメインの会社か?
■マンション管理を始めてから何年か?
■夜間の対応はしてくれるのか?
■夜間の対応は管理会社自身がしてくれるのか、別会社に委託しているのか?
■管理会社とマンションとの距離は近いか?
■入居者向けのサービスは充実しているか?

ホームページを見たり仲介店の担当さんの話を聞いたり、気にしてみてください。

イメージ

35年以上の経験を積んでいるからこそ!

僕自身も、長栄の管理スタッフとして働いているので
『自分とこの会社を自画自賛してるだけやん!!』と思われるかもしれませんが、上記の「管理会社選び」については、長栄自身がこれまで35年以上マンション管理をやってきた中で

『失敗を経て改善してきたこと』
『小さなアイデアから実現したこと』
『入居者様のご意見から気付いたこと』

などの経験がもとになっています。
実際に失敗したり問題を経験したりしてきたからこそ、【自分が部屋探しをするならこういうところをチェックするなぁ】と思うことをご紹介しました。参考になれば幸いです。

ちなみに、長栄の管理は…

ちなみに、長栄はどういう管理会社かと言いますと(2016年9月時点で)

100名近くの管理スタッフと、50名以上のマンション清掃スタッフが在籍
■マンション管理業一筋で36年
夜間緊急時はコールセンターにて受付、現地対応は長栄の管理スタッフによる当番制
■「30分以内に現地に駆け付けることができる距離」を目安に管理センターを配置
■エリアごとに管理内容にバラつきが発生しないよう、1つの管理センターにつき管理戸数1,000戸を目安として、それ以上になったらセンターを分割する
(現在、管理専門のセンターが京都市内に16センター・宇治・滋賀・大阪に各1センター)

■さらに
無料でイベントにご招待>
特別価格のルームクリーニング>
<お料理や英会話教室>
<お食事券プレゼント
<現金最大30万円が当たるキャンペーン
などなど、あの手この手で入居者様にサービスをしたがる管理会社です。

<長栄の管理業務について詳しくはこちら>

管理会社は本当に大切です

マンション管理に関しては、長栄は(自分の会社のことで恐縮ですが)自信があるんです。
こうして冷静に書き出して考えてみると、ウチっていい管理会社なんだなと思います。

余談が長くなりましたが、賃貸マンションで生活する間、管理会社は本当に密接に関係します
避けて通れないことですから、お部屋探しのときから、意識して確認してみください。
管理会社ひとつで、そのマンションでの暮らしが大きく変わってくることは、本当に多いんですよ。

PAGE TOP