choei room popolato ポポラート 人が笑顔で集まる場所

0120-863-901

ポポちゃん

  1. TOP
  2. TOP
  3. 賃貸コラム
  4. 窓からお墓が見える【お墓ビュー】も需要あり!

窓からお墓が見える【お墓ビュー】も需要あり!

内覧ポイント2017.11.17

お部屋探しの時に、「眺めのいいお部屋がいい」というニーズがあります。ポポラートのサイトでも、こだわり検索の≪注目の条件≫にて【眺望に自信あり】の特集を組んでいます。ベランダなどの主要な窓から見える景色は、お部屋の特長の1つですよね。
一般的には、英語のview(ビュー)を使って、景色に合わせて○○ビューと呼ばれます。
海の見えるオーシャンビュー、川の見えるリバービュー、空の見えるスカイビュー。
その土地ならではの景色も人気ですね。
京都なら五山の送り火の山が見える大文字ビュー、京都タワービュー、京都御所ビュー、大阪なら淀川花火ビュー、通天閣ビュー、阿倍野ハルカスビュー、滋賀ではびわ湖大花火ビューなどなど、お部屋によって見える景色は様々です。

その中でも今回は【お墓ビュー】についてご説明させて頂きます。

内覧をしていただいたときに、窓からお墓が見えたりマンションのすぐ近くにお墓があったりすると「え?部屋からお墓が見えるなんて……それって怖くないの?」「お墓の隣のマンションかぁ、ちょっと嫌かも……」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
幽霊問題はさておき、お墓が見える立地って本当に悪い事でしょうか?

実は【お墓ビュー】を好んで住まれる方も一定数いらっしゃるのも事実なのです。その理由を順番に挙げてみますね。

お墓ビューが好まれる理由

日当たりや風通しの大きな変化が少ない

墓地という土地が窓側にある場合、背の高い建物がないため、≪日を遮るものがない≫≪風が通る≫という2つの大きな利点があります。
また、墓地は寺院の敷地内に併設されている墓地(基本的に檀家の方のお墓)や、公益法人・宗教法人が管理を行っている霊園墓地(宗派に関係なく用意できるお墓)が多く、きちんと整備され、遺骨は丁重に埋葬されています。
先祖代々守ってこられた由緒あるお墓もありますので、墓地そのものの移動や取壊しが行われることはほとんどありません。
これはつまり、入居後に大きな建物の壁が窓側に出来るなど、日当たりや風通しが大きく変わるような心配がないとも言えるのです。

周辺の環境が良い

先ほど述べたように、近年の墓地はきちんと手入れ・整備されていることがほとんどです。管理の行き届いた墓地は緑豊かで、夜には外門が閉まり静かです。周辺の道も綺麗ですし、外灯もあり明るいです。お供物の食べ物などは禁止されていたり持ち帰る決まりがあったりするところも多く、それらを狙った動物の被害もありません。また、寺院やお墓の周りで騒ぎ立てる、悪行をするというのは、いくら信心のない方でも気が引けるのか、治安の良いところが多いそうです。
こういった周辺環境の良さをメリットと考える方も少なくないのです。
実際に東京でも、文京区などは寺院・墓地が多い地区ですが、緑が豊かで治安が良いため、人気の高い居住エリアだそうですよ。

地盤がしっかりしている

最近の自然災害の被害の大きさには驚きますね。住む場所の【安全性】が気になる方もおられると思います。
寺院は古くからその土地に根差しており、その長い歴史の中には色々なことがあったことは想像できますよね。今なお無事にその寺院があるということは、つまり、その地域の地盤の強さに実績があると言えます。そのため、寺院の近くは安全性が高いという評価にも繋がるのです。
※もちろん全ての寺院が該当するわけではありませんので、気になさる方は創建された時期や実際の災害履歴を調べてくださいね。

歴史的に有名な偉人が埋葬されている

数年前から歴史ブームがおきており、歴史愛好家の方、歴女・歴男と呼ばれる「歴史上の人物・逸話が好き」な方がたくさんいらっしゃいますよね。
そんな方々から人気なのが、歴史上の人物が眠るお墓=【名墓】が見える、または近いお部屋です。(実際に名墓を紹介するウェブサイトや、名墓を巡るツアーなんかもあります)
特に京都は歴史が深くたくさんの物語のあった土地です。陰陽師の安倍晴明、織田信長などの武将・坂本竜馬や新選組などの幕末の志士たちから、小野小町などの歌人・能役者の観阿弥と世阿弥、茶人の千利休など文化を担った偉人たちのお墓もたくさんあります。
自分の大好きな、尊敬している方のお墓がすぐそこにある――そんなマンションを見つけてしまったら、ちょっと運命を感じてしまうかもしれませんね。

お墓参りがしやすい

信心深い方、ご先祖を大切にしている方の中には、お墓参りを日課として毎日行う方もいらっしゃいます。そのため、なるべく近くに住みたいというご要望もあります。特に年を重ねご高齢になってくると、墓地のすぐ裏手、すぐ横といった立地に魅力を感じる方もいらっしゃるようです。

風情があって好き

お墓がある景色が、純粋に風情があって好きと言う方もおられます。
昼は時折お経を読む声が聞こえてきたり、線香の香りがするかもしれません。お寺の隣だったら、鐘の音、除夜の鐘も聞こえますね。そういった風習を大切にされる方、好きな方、癒し安らぎを感じる方も、いらっしゃるのです。

内覧してみたお部屋が【お墓ビュー】だったとして、「ほかの条件はとてもいいのにな……」とお悩みの方がいらっしゃったら、ぜひ、一度視点を変えてみてください。意外とその点がメリットになったり、暮らしてみたら気にしなくなったという方もたくさんいらっしゃいますよ。

このように人の好みは様々です。誰かにとってはデメリットでも、他の誰かにとってはメリットになり得ます。

例えば、線路がすぐ横や後ろにある【トレインビュー】の住宅は、電車が通る音の大きさから敬遠される方もいますが、電車好きの方には最高のロケーションです。その部屋からしか撮れない構図の写真もあるでしょう。レアな光景も見られるかもしれませんね。ホテルにも≪トレインビューの部屋≫として人気の宿泊プランがあるようですよ。
他にも、【天井が低い部屋】の方が安心するという方もおられます。テレビCM でも、そういったエピソードを使ったものがありますよね。
なるべく【小さくコンパクトな部屋や収納が少ない部屋】の方が、物が捨てられていいとおっしゃるミニマリストな方もいらっしゃいます。
明るく人気な南向きの部屋よりも、一年中落ち着いた明かりの届く【北向きのお部屋】の方が、暑がりでエアコンも苦手な方にとってはちょうど良い場合もあります。
また、シックハウス症候群や化学物質過敏症などのアレルギーの経験をお持ちの方に、前の入居者が退去された後に壁紙を変えるなどのリフォームを行わず、清掃だけの【現状そのままの部屋】をご希望されたこともありました。

ご自身のこだわりや気になるポイント/気にならないポイントが、実は世間一般的には少数派だったとしても、その点をぜひ不動産屋さんにご相談してみてくださいね。何部屋か内覧してみて気付いた好みも、気軽にお伝えください。他の方には不人気でも、あなたにとってはこれ以上ないピッタリのお部屋かもしれませんよ。

PAGE TOP