マンションの管理人が教える 水まわりの悪臭の原因は?

お部屋の中にある、キッチン・風呂・洗面・洗濯パン・トイレ等、水と関わる場所のことを【水まわり】と言います。オシャレに【サニタリー】と明記する場合もあります。
マンションの管理会社にはよく、「水まわりから嫌なにおいがする」というご相談が舞い込みます。

「ちゃんと掃除しているのに水まわりが臭い」「排水管洗浄液を何度も流しているけど臭いが取れない」「旅行から帰ってきたらなぜか部屋が臭い、水まわりから変なにおいが上がってきているようだ」などなど。
今これを読んでいらっしゃる方も、そういった悩みをお持ちだからこそ、こちらのコラムに辿り着かれたのかもしれませんね。

そもそもなぜ臭いのか?

水まわりに必ずあるもの、排水管が臭いからです。もっと言うと、その先の、下水が臭いからです。
もちろん使用状況や構造により違いはあります。しかし基本的には、生活排水を流す配管です。洗い落とした汚れや髪の毛・皮脂、せっけん・洗剤の残りカスなどが管の内側に付着しますし、排水管の先にある下水は汚れた水が流れるところです。排水管の中が臭いということは、当然と言えば当然ですよね。

では、なぜ普段は臭くないのか?

排水管には【排水トラップ】と呼ばれる部分が設けられています。排水管内に水の層(封水/水封)をわざと作って、蓋の役割を持たせて悪臭や害虫などが進入してこないようにする構造です。つまり、≪排水管の中から悪臭などが上がってくる≫ということを前提として、建物は設計されているのです。

【排水トラップ】にはいくつか形があります。その形状から、Sトラップ・Uトラップ・Pトラップ・ベルトラップ(椀トラップ)・ドラムトラップなどの種類があります。どのタイプも、封水で排水管を遮断して下水の空気が室内に侵入するのを防いでくれる構造です。
キッチンや洗面台ならシンク下が入居者さん自身でも確認しやすいですね。排水口のその先、排水管の形を見てみてください。
※古い建物では、排水トラップがなくストンとまっすぐな排水管の場合があります。水の層が作れない構造のものだとすると、排水管そのものを交換しないと悪臭はなくならないかもしれません……。管理会社や業者さんに相談してみてくださいね。

では、きちんと【排水トラップ】がある構造なのに、臭い!・・ということは、≪水の層が無くなっている≫可能性が高いです。
封水の蒸発を防ぐ方法をお教えします。

1 / 3
記事公開日:2018.02.16
京都・滋賀・大阪・名古屋のお部屋探しはpopolato
京都・滋賀・大阪・名古屋のお部屋探しはpopolato