前回「お部屋内覧時のチェックポイント★第1弾★」を執筆し、主に室内のことについてお話させていただきました!今回は第2弾ということで、他にも事前にチェックしておいた方がいいかも?というポイントをまとめましたので、参考にしてみてくださいね!
→第1弾はこちら

コンビニは?スーパーは?周辺環境をチェックしよう!

いざ生活を始めると「思ってたよりコンビニ・スーパーが遠いな?」「あれ?ドラッグストアが無い……」という経験はありませんか?私はあります!(笑)
自転車をお持ちの方はそこまで気にされなくてもいいかもしれませんが、自転車を持たず、移動手段のメインが徒歩になる方は特に注意した方がいいかもしれません。
マンションから一番近い「コンビニ」「スーパー」「ドラッグストア」は事前にリサーチしておきましょう。お部屋の内覧をされる際に、ご案内いただく仲介会社の方に聞いてみたり、ご自身でグーグルマップなどを使って探してみてくださいね。
また、スーパーやドラッグストアは「営業時間」もチェックしておくとより良いと思います。塵も積もれば山となる。日々の買い物は節約も気にしたいですし、近くのお店の営業時間を知っておけばライフワークに取り込めます。仕事や学校で帰りが遅くなった日でも、ちょっと寄れるスーパーやドラッグストアを知っていれば心強いものです。

余裕があれば他にも「病院」(特に内科・歯科)もチェックしておきましょう。お一人暮らしされる方は、病気にかかってから病院を探すのは意外としんどいものです。事前に確認していた方がいざという時に楽だと思います。
お子様が学校に通われている方、入学する予定の方は学区・校区もチェックしておきましょう!「一番近いところ」とは限りませんので、注意が必要です。ほかにも児童館や図書館などの施設や、公園についても確認しておくといいですよ。

駅まで歩いてみよう!

ある程度気に入ったお部屋が見つかったら、一度ご自身で駅まで歩いてみましょう!お部屋探しのサイトに掲載されている「駅まで徒歩○分」というのは80mを1分で換算し、計算しています。(不動産の表示に関する公正競争規約施行規則により算出基準が定められています)
例えば「駅まで5分」という記載があれば、駅までの距離は400mということになります。人によって歩くスピードは違うので、目安は「5分」でももっと早くに着く人や、もっと時間がかかる人もいるということです。また、周りの風景、階段や坂の有無等の情報によっては「近い」「遠い」も感じ方が様々です。以前、私が対応させていただいたお客様も最初は「駅まで15分ってちょっと遠くないですか?」とおっしゃっていたのですが、次にそのお客様とお会いした時に「実際に歩いてみたら遠くなかったです!15分もかからなかったように思います!」なんてこともありました。
また、駅から近い物件は家賃が高く、少し距離があればその分家賃も下がる傾向にあります。出費は抑えたいけど駅まで遠いのはなぁと悩んでいらっしゃる方。実際に歩いてみると「そんなに遠く感じないな」なんてこともあるかもしれませんよ。

駅まで歩くことによって、マンション周辺には何があるのかも分かりますよね。歩いていると、のどかな町なのか賑やかな町なのか、ファミリー層が多いのか等の環境面も垣間見ることができます。行ってみたいお店を見つけたりして、引越し後の暮らしを具体的に想像することもできます。
道は平坦なのか坂道なのか、道幅や車の往来、信号はどのぐらいあるのか……実際に歩いてみないとわからないことって意外とあると思います。

また、学校や勤務先までの交通ルートをシミュレーションしておきましょう。交通手段が電車だけだと思っていたら、意外とバスなど他の交通手段も使えることがあるかもしれません。歩いている途中で、バス停などもちょっと覗いてみてください。

夕方~夜の時間帯に物件周辺を歩いてみよう!

お部屋を内覧する時ってだいたい朝~夕方の時間帯ですよね。夜に物件を見に行くことってなかなかないかと思います。しかし、お昼の時間帯と夜では、周辺環境の感じ方はまったく違うものになります。気になる物件だったら、夜の暗い時間帯にもその物件周辺へ行ってみてください。街灯の明るさや夜の道の感じをチェックしておきましょう。住む前でもわかることなのに、住んだ後から知ってしまって後悔する、という事態が回避できます。「思ったより街灯が少ないし、人通りもなくて夜歩くのが怖い……」となってしまわないためにも、契約前のチェックをお勧めします。


そのついでに、お目当ての物件のエントランスや共用部の照明も確認してみてください。夜に見た方が照明の具合がよくわかり、高級感が増して素敵だと感じるかもしれません。

建物の構造をチェックしよう!

建物の構造には種類があることをご存知ですか?一般的に賃貸物件でよく聞くのが「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」「鉄骨鉄筋コンクリート造」の4種類だと思います。それぞれの構造について、特徴を書いておりますので、詳しくはコチラを読んでみてください。

建物の構造が分かれば、重要視しているポイント(家賃・立地・間取りなど)と合わせてお部屋の検討ができます。構造によって【家賃設定】や【遮音性】【気密性】等が変わってきます。
例えば「防音性の高い部屋に住みたい」と思ったら、木造や鉄骨造より鉄筋コンクリート造の方が適しています。しかし、木造や鉄骨造よりは家賃が高く設定されていることが多いです。
逆を言えば「家賃を抑えたい」という方は、木造や鉄骨造を選んだ方が見合うというわけです。
物件情報の中の建物構造を確認し、自分の重視しているポイントと合っているかどうかチェックしてみてくださいね!

防音性の高い「鉄筋コンクリート造」のオススメ物件はこちらをご覧ください。

まとめ

賃貸物件を契約するということ・住む環境を変えるということは、それなりの費用や労力もかかり、人生の一大事だと思います。新生活を始める前のお部屋内覧時にしっかりとチェックしてみてくださいね!

また、お部屋を借りて暮らすというのは、「賃貸契約を結ぶ」だけでなく「その後の生活」も大切です。お部屋について困ったこと(鍵をなくしたり設備が故障したり)が起こる可能性は誰にでもあります。一般的には引っ越す前と後では対応する会社が違います。(引越し前は仲介会社、引越し後は管理会社になります。)
数年単位で関わることになる「引っ越し後の暮らし」をサポートするのは【管理会社】です。そのことも頭に入れて、お部屋探しをしてみてください。

ポポラートではお部屋探しから入居後のサポートまで一貫して行う管理会社が運営しているお部屋探しサイトです。お客様に「入居してもらうこと」だけでなく「住み心地を整えるサポートをすること」も重要視しております。お部屋探しのお手伝いも、「その後の生活」を視野に入れてご紹介させていただきます。
もし気になるお部屋がありましたらご案内いたしますので、お気軽にご連絡くださいね。

1 / 1
記事公開日:2020.09.11