ベランダに洗濯機を置くタイプのお部屋ってどうなの?

お部屋の内覧をご案内した時のことです。

「場所や内装はすごく気に入ったけど、外に洗濯機を置くってトコロが心配……」と悩まれた方がいらっしゃいました。みなさんもお部屋探し中に見たことありますよね?洗濯機を設置できるようになっているところが、ベランダにあるお部屋。

実は、私はそのタイプの部屋に数年住んでおります。だってメリットを多く感じるから……!!(めちゃくちゃ個人的意見です!)

というわけで、今回はベランダに洗濯機を置くタイプのお部屋についてお話させていただきたいと思います!

なぜベランダに洗濯機を置くの?

そもそもなぜベランダ?と感じる方も多いでしょう。というのも、脱衣所や洗面所に洗濯機を置いているご家庭が一般的かと思います。

雨や雪が多い地域ではサンルーム付きの物件も多いらしいですね。鹿児島に住む友人から「桜島の火山灰のために洗濯物は部屋干しが基本」と聞いたときにはビックリしました。

そういった環境で育ってきている方にとって、洗濯機を外に?家電製品を外に?と疑問・不安を抱かれるのも無理はありません。

特にお一人暮らし用の賃貸マンションには多く見られるため、【初めての一人暮らし】のためにお部屋探しをしている方にとっては、もしかしたら一番違和感があるところかもしれませんね。

物件詳細欄には、【室外洗濯機置き場】等と記載されています。反対に、お部屋の中に洗濯機を置ける部屋には【室内洗濯機置き場】等と書かれています。

【外】と【内】……文字ではぱっと流し読みしてしまいそうな小さな違いですが、実際はその点で悩まれる方も多いようです。

先に述べたように天気等の条件が厳しい地域でない限り、ベランダに洗濯機を置く仕様になっているマンションはまだまだ多くあります。

私は主に京都・大阪・滋賀の物件を管理する管理会社に勤めていますが、この地域にもたくさんあります。築年数が古いマンションでは【給水管】と【排水管】を設置できるところが室内に作れないから、という理由でベランダに置く形になっているところが多いです。

新しいマンションでも、お部屋の広さや収納の確保を優先した結果、洗濯機をベランダに配置する間取りになっているところもあります。

ベランダ洗濯機タイプのお部屋で良かったポイント

では実際に暮らしてみて、良かったな~と感じた点を幾つか挙げていきたいと思います。

駅近物件が多い

通学通勤のためにアクセス便利な駅がいい、出来れば駅近物件がいい!となると、実はベランダに洗濯機を置くタイプのお部屋が多くなるかもしれません。
というのも、そういう便利な場所には築年数の古めなマンションが多いためです。

建て替えが難しい・配管位置を変える等の大掛かりなリノベーションがなかなか出来ない等の理由から、場所はいいけど間取り等が古いタイプの賃貸マンションが残っているのです。

家賃が安い

ベランダに洗濯機を置くタイプのお部屋は、室内に洗濯機を置くタイプのお部屋と比べて家賃がお安い場合が多いです!
同じ築年数のお部屋と比べても、平均してお家賃が5,000円~10,000円お安くなります。もし10,000円も差が出れば、2年間住むと考えた場合は24万円も節約できますね♪

物干し作業が簡単

ベランダに置いてある洗濯機で洗濯をするのですから、終わったらそのままベランダで干すことが出来ます。水を含んだ重たい洗濯物を、カゴに入れて移動させる手間は省けます。

水漏れ事故が起こっても被害が少ない

洗濯機の故障や、蛇口や留め具が緩いなどの理由から水漏れが起こることがあります。時折耳にするので、経験者の方も多いかもしれません。

被害は大小ありますが、部屋の中に置いていたものが水浸しになっていたらと考えると、後片付けだけでもゲンナリしますよね。上階の住人の方が水漏れを起こしてしまい、布団も服も全部ダメになったなんてケースも聞いたことがあります。

その点、ベランダなら元々【外】ですし、雨水を排水する機能が備わっています。その被害は比ではないでしょう。

では次に、「ここはちょっとな~」と感じた点も正直に挙げていきます。こちらは対策なども添えますね♪

1 / 2
記事公開日:2019.02.06
京都・滋賀・大阪・名古屋のお部屋探しはpopolato
京都・滋賀・大阪・名古屋のお部屋探しはpopolato