最近ファミリーに人気な【桂】あたりはどんな感じ?

今回ご紹介したい地域は、阪急【桂駅】と【上桂駅】です。「ファミリーに人気」と銘打ったのは、子育てする中で深く関わる【行政区】に人気の秘密があります。

西京区は子育てファミリーに人気

京都市西京区は、子育てに向いている自然豊かな環境であり、そのうえ様々な支援も用意されている行政区です。
京都の西の玄関口とも言われるこの区は、京都と大阪の間にあり、車での生活も便利な地域です。大阪へ車で行くときは、大山崎インターがスムーズに行けて良いですよ。神社仏閣や古墳も多く存在し、歴史ある京都らしい街並みが身近に楽しめます。また、西には山々・東には桂川があり、公園なども多く、とても自然豊かな環境です。

京都市西京区のホームページには、「お子様もご高齢の方も暮らしやすい、安心・安全のまちづくりでは市内でもトップクラスである」という旨が書かれています。 特に【15歳未満の人口割合が約14%】という数字は、京都市内の区の中では最も高いとのことです。(2016年2月1日調べ)
家族で楽しめる地域のイベントもたくさんあり、ウォーキング大会や吹奏楽祭、手作り市などが開催されています。

また、区役所には≪子どもはぐくみ室≫という課があり、遊び場マップの作成・赤ちゃん訪問・一時保育や休日保育の相談など、窓口になっています。お母さんだけでなく、お父さんのサポートのための『西京☆パパ塾』というイベント(サッカー教室やクッキング教室など)も定期的に実施されていますよ。

他にも、地域の人たちが自発的に運営している子育てサークルにも補助金を交付するなど、多方面から子育て支援が受けられる地区です。

そのため、「通勤のために阪急沿線に引っ越しを考えている新婚さんや子育て世帯の方」にオススメしたい地域です。

桂駅と上桂駅について

阪急桂駅

西京区の東部に京都と大阪を結ぶ阪急電車が走っています。
阪急沿線の主要駅である桂駅は、通勤特急や快速特急も停まります。(特急という名前ですが、別料金は必要ありません。)桂駅から大阪の梅田駅へは約40分(運賃370円)、京都の河原町駅へは約10分(運賃190円)で行けます。(2018年5月現在)大阪方面でいうなら、北千里や天下茶屋方面へ乗り換えられる【淡路駅】や宝塚・神戸方面へ乗り換えられる【十三駅】などへも行けます。

そのため、大阪の梅田や十三、京都の烏丸や河原町に職場がある方のベッドタウンとして、とても人気が高まってきている地域です。ただ、人気のせいか、駅から徒歩圏内の賃貸マンションは、少々、お家賃がお高めになってきています。

「このあたりいいな、と思ったけどもう少し家賃を抑えたい!」とお考えの方にオススメしたいのが、桂駅から嵐山線に乗り換え、1つ隣の【上桂駅】になります。桂駅よりも少し北西に位置します。

ポポラートとしては、実はこちらの方が推し駅なんです。というのも、桂駅周辺と同じグレードの賃貸マンションで家賃相場が5000円~10000円安くなるのです。

たったひと駅でこの差。
毎月の出費と考えると、なかなか大きいですよね。住宅費が1年で60000円~120000円も安くなるなら……家族で海外旅行にも行けちゃう金額ですよ!

どんな駅なのかというと、平日の通勤時間帯には1時間に6本、約10分に1本の電車が出る駅です。【上桂駅】から梅田駅へは約50分(運賃370円)、河原町駅へは約20分(運賃190円)です。(2018年5月現在)
駅のホームは「桂行き」と「嵐山行き」が地上で対面する形で、どちら側にも改札口があります。地下道でホームの行き来が出来ます。2017年3月にバリアフリー化され、改札口からホームまでスロープがあり、ベビーカーなどでの移動も楽になりました。

駅の周りには、お蕎麦屋さん、散髪屋さん、美容院、お総菜屋さん、薬局、塾、ケーキ屋さん、喫茶店などの小さめなお店や、郵便局、銀行、病院(内科、歯科、接骨院)など色々あります。
少し歩くと大きめな道路「物集女(もずめ)街道」や「山陰街道(国道9号線)」に出て、コンビニやグルメシティ・西友などの大きめのスーパー、区役所・消防署・警察署・図書館などの公共の施設や、青山音楽記念館バロックザールなどがあります。

仕事とプライベートでオンオフを分けたい、程よく便利に程よく緑に囲まれた暮らしがしたい……そんな方にちょうど良い駅だと思います。

1 / 3
記事公開日:2018.09.01