【不動産屋さん】と【管理会社】は違うのですか?

【不動産屋さん】と聞くと、どういうイメージを思い浮かべますか?街を歩いていて、窓に間取が貼ってあるお店、家を借りたい時や土地を売買したいときに行くお店…そういったイメージでしょうか。
では【管理会社】と聞くとどんなイメージですか?入居した後にメンテナンスをしてくれる会社、マンションについて困った時に相談する会社…?
「あれ?入居してから困ったことが起こった場合、お部屋を借りた時の不動産屋さんか大家さんに相談するんじゃないの??そもそも【管理会社】って何?」と疑問を持つ方もいらっしゃると思います。今回は、その疑問にお答えしていきますね。

そもそも【不動産屋さん】とは?

一般的に、不動産を取り扱う仕事をしている人や会社が【不動産屋さん】と呼ばれています。
不動産とは、土地と建物のことです。さらに建物には、居住用建物(戸建・アパート・ハイツ・マンションなど)と事業用建物(倉庫・テナント・ビルなど)があります。
つまり、土地・建物を取り扱うお仕事をしている人や会社が【不動産屋さん】なのです。

様々な種類の【不動産屋さん】がいます。

不動産に種類があるように、【不動産屋さん】と呼ばれる人や会社にも種類があります。

例えば、
・不動産を開発
・分譲する人や会社
・不動産を所有しそれを賃貸または売買する人や会社
・不動産の売買・賃貸の仲介・代理をする人や会社
・不動産の管理をする人や会社
などがあります。

これらの中の1つを専門にした不動産屋さんもいれば、幅広く取り扱っている不動産屋さんもいます。

不動産の管理を専門にした【不動産屋さん】が【管理会社】です。

上記の中の「不動産の管理をする人や会社に特化した不動産屋」さんが【管理会社】と呼ばれています。つまり、管理会社も不動産屋さんの1つなのです。
そして【管理会社】が取り扱う不動産の種類も様々あり、

・分譲マンションの管理を行う管理会社
・テナントやビルを管理する管理会社
・ショッピングセンターなどの商業施設を扱う管理会社
・アパートやマンションの管理を行う管理会社
などなど、得意分野がさらに分かれていきます。

もちろん幅広く取り扱っている管理会社もありますよ。
種類がとにかく多い!と感じる方も多いと思います。そうです。窓に間取を貼ったお店以外にも、【不動産屋さん】と呼ばれる仕事はたくさんあり、幅広いのです。

では、次のページではアパートやマンションの管理を行う管理会社だけ詳しくご説明します。

1 / 2
記事公開日:2017.05.25